<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

お久し振りの更新だわーーー
イギリスの医療について感じた事書きたい事は沢山あるのですが、、なんせ新しい
私達の任務、、責任大の育児であたふたーーでも楽しんでるかな?(笑)
なかなか、ネタはもりだーーーーくさんで写真もパチパチ撮っているのですが、、アップは難しいわ。


034.gifこの国の私の住んでいる地域では助産婦さんが産後自宅まで来てくれるし、、
それがあるのは産後1週間くらい、、母子共に問題なければ1回のみ訪問の場合もあるが、私は、、
3回来てくれたのと1回は、ルイーズ助産婦のいる病院に1回は予約して行きましたので4回。
その後は、ヘルスビジターに変わる!母子のヘルスを見てくれるのだ。ベービーが主でこれは学校に
入学する5歳まで続くそうです。その後は、学校で健康診断などがあるのであります。
※彼らのまた別の役割が子どもが虐待などないか、きちんと育児しているかが別の意味の
チェック項目でもあるのです。なので出産前に訪問してくれた時旦那さんのサラリーでお金に不住していないか、、学歴は良かったか、貯金はあるかなど変な質問項目も国で決まっている必修の質問なので
変な質問もあるけど、、仕方無いのごめんなさいねと言われた記憶です。

子どもが生まれるとRED NOTE
a0138438_656462.jpg

こちらを出産後病院で頂く。日本の母子手帳みたいなものかしらん~
記録をずっとしていくのであります。

今日は、前回2回ヘルスビジターのルースが家に訪問看護してくれた時に我が娘の聴覚
出生児の聴覚スクリーニング検査
聴覚検査( automated otoacoustic emission (AOAE) hearing test)をしてくれたのですが、2回共右耳が結果が取れなかったので再検査は
もうすこし、シリヤスな検査になるけれど、心配しないで!っと言われていたので今日がその
3度目で、automated auditory brainstem response (AABR) screening test.通称
AABRと呼ばれるテストを自宅で受けたのでした!!

a0138438_7182080.jpg

首、肩、おでこの中央に、、脳波の検査の様に機械とパッチをつなげて付けて
そして、両耳にまた機械をつけた。。あらーーーウルトラマンにそっくりと始めは私も平常心だった。
でも、、20分位時間がかかることもあると説明受けていましたが、、、数分がとても長く感じ、、
青ざめた記憶。。。親の気持ちってこうゆうものかーって今は思えます。
あの時は、片方聞こえるからいいか、、でも言葉が少し遅れちゃうかな、、など頭に
沢山の心配事が浮かんでしまったわたしだった。。。
で、、その後、、、クリアーになったわ。と言われ
064.gif007.gifあ^^^良かった。母乳100%ではまだないわたし、、
その事で小さな悩みで悩んでいたのですが、、ぁーーこんな事小さなことだったなーって
思いなおしたのでした!!!親の気持ちか~~~~今日分かったきがする。。
とにかくほっとした午後でした。マーにメールではなく思わすすぐに仕事中でしたが、電話して
報告したわたしだった。

こちら機械の写真参考までに
機械の一部はこれにそっくりだったわ。これまたドイツ製、、医学や機械は
ドイツなのか~ドクター日本でもドイツ語でカルテ書きますもんねーー

赤ちゃんの難聴の頻度は、比較的重い難聴で2000人に1人、中等度、軽度のまで含めると1000人に5~6人と推定されています。その多くは2歳を過ぎるまで発見されません。
生れながらに聴力障害をもった子供たちの多くに、言葉の習得や社会的能力の発達の遅れが認められます。しかし、聴覚スクリーニング検査によって、生れてすぐ難聴が発見できるようになれば、そのうちの多くの子供たちが、同じ年齢の子供と変わらない成長が可能と考えられております 。。。と日本では書かれています

a0138438_726679.jpg

レッドノートに今日もまた1枚彼女の記録が刻まれたわ~こちらをフアイルに閉じました。
[PR]
by chao_kiki_veggie | 2010-07-27 07:27 | 医療

mama&papa になりました

先月の30日に産まれてくれましたーーー。

海外出産など、、関係なく出産ってこんなにーーーたいへんだったのか。。
と思い知ったわたし。。。
今まで、ふわふわーーーっと適当に気の向くままそりゃー辛いこと悲しい事、嫌な思いもあった
けれども、、ふつ~に生きてきたわたし。。。
想像を遥かに超えた経験だった。ママにとっくになってる友人達や、親をふと思い尊敬したわたしがいた。

New babyフアーストネームは、旦那さんの希望で日本名、ミドルはフレンチスペルの名前に決めた”
イギリスでは子どもの申請する日選べない、予約してその日に行く仕組みみたいです。我が家は今週の
水曜日に、Daddyになったマーが届け出に行く予定。そこで、日本大使館に届ける書類のコピーも貰う
事を忘れてはならない!原本をコピーしてくれるだけなのに£3.5一枚につきお金かかる。ってネットに
書いてありました。日本だって戸籍抄本など、、印紙高すぎって私も思うわ。


~出産~予定日を2週間過ぎてしまった私達のbaby
6月28日に結局促進剤での出産になりました。。プール出産この時点で諦めましたわ"
薬の効きが早かったのに、、なかなか2cmから開きが遅く開かなかった。。。

翌29日は、機械に何度も繋がれてデーターを取ってくれていたが、分娩の部屋の空きが無いと言われるし
陣痛は14時間あったのに、途中から無くなってしまったしで、気分がブルーほっとかれてると感じたら
悲しくなって涙した。それをみて、やっとこさマー助産婦に今後どんな予定なのか聞いてくれた。
外国&初体験で、、次の予定何も分からないのはとっても不安であった!!!
やっとこさ、助産婦が私はドクターじゃないので判断出来ないけれど、多分破水させて点滴投入し
ての出産に臨むんだと思うけど、これはドクターの判断だから何とも言えないわ。とこの時間の
助産婦は言った。
030.gifイギリスの出産は助産婦が全てを行うのが普通で、キチント
時間交代を行う為長い陣痛の中で一日に2~3回担当の助産婦が変わるのだ。日本のオーバー
ワークと大違いだと思った。善し悪しも勿論ある。

分娩室に空きがでたわよ、、とまた新しい助産婦に交代していて、そう言われたのが30日の午前0時頃だった。。
え、、、、旦那さん丁度夜11時に仮眠とりに家に帰った所だったし、、わたしは、、、
眠かったし、、ちょっと小腹も空いて体力無いよーーーって訴えた”
助産婦さん<<<<大丈夫よ違うパワーを使うから食べなくても大丈夫って言われた ハイと言いつつ汗、、、な私だった。
でマーが来てくれてから始まったーー
酸素とガスの混合エントノックス(Entonox) Gas&Airを初めから最後まで使いました。
最後激痛でジアセチルモルヒネ(Diamorphine)、Pethidineも使いました。
これは、朦朧としていて効いたのか分からなかったほどです。。
無痛分娩は最後まで使わなかったです。あ~思い出すと。。。この辺はサラっと書きたいわ。

最後は、もう何でもしてくれーーーーて叫んだわたし。。。
マーは本当によくやってくれた。私が死ぬじゃないかと思っていたので
ベービーちゃんが産まれて感動の涙とか2人とも無かった。ただホットしたのだった。
家族の事を誉めるのもなんですが。。。マーは本当によくやってくれたと思います。
この人がhusbandで良かったなって改めてまた思ったわたしだった
マーは数日で一気に1キロ体重が落ちました。やつれちゃった感じ。。可哀想に。。。


016.gif終わりが良かった
この国、ドクターは緊急の時のみで助産婦のみが出産に立ち会ってくれる
私も最終的にちゃんと普通分娩で産めたのですが、ドクターも来ていて緊急に備えてくれていた
帝王切開かもと、、、
でもここで彼女プッシュ出来てるからこのままいけるかも、、と最終的に交代した
助産婦の彼女がドクターに伝えていたのを覚えている。そして私に出来るよ!!!
と助産婦の彼女に言われ、、ビックプー、、、大きいうんちを出すみたいにやってみて!!!
と言われ、それは意識朦朧としているわたしにとって、とっても分かりやすい英単語だった!
できないーー3回続けてなんて。私は英語を理解しているーーーでもその前にジュースを飲みたい!
こんなに口がドライで乾いてる、その前に私はジュースを飲みたい!ってハッキリと言ったわたしだった。
一休みがしたい!一休みをしたら、頑張るーーーとも叫んだ記憶!
で、3回目続けて痛いけどーーーーーーーーーとやってみたら、、
つるんと大きな物体がでてきた。愛娘だった。
でも感動涙無し。茫然とした記憶。

034.gifそして、実習生と一緒でいちいち説明を細かくしていた助産婦の彼女。

でも私はこの助産婦名前わ忘れちゃったけど、一生忘れないわ彼女は最高だった!彼女無しでは
普通分娩無理だったかも。ただ優しいだけじゃなかった。厳しかった。でもそこに最高の愛と母体と赤ちゃんにとって何が今一番かを考えてくれての行動、助言だったんだろうとわたしは思う。
ずっと愛娘が産まれてずっとサンキューの感謝の言葉がまだ真剣に最後まで仕事をしている
彼女になかなか言えずのわたしだった。。。実習生は彼女よりも年上のお母さんって感じの人だった。
彼女もほんわかしていて、和んだ記憶。

出産中、、激しい陣痛の中私は、2回もトイレに行った。これもまたまたビックリの思い出(笑)
女の体って凄いのねーって思った

私はこの出産の直後、babyに初乳をあげて、朝だったので、トーストの朝食をそこで食べたのだ。
食べられた。(@_@;)結構美味しく普通にジャムなんて付けないわたしだが、ジャムも塗って
バターも塗って食したのだった。

さらにーーーシャワー浴びる?って聞かれた。Noって言えなかった。きっと浴びた方が良いと
思ったので、イエスと答え、朦朧とした中自分で歩きシャンプー、リンスもして普通にシャワーを浴びた
私だった。でもスッキリした good だった!

その後、車いすで病室まで愛娘をだっこしながら帰ったのだった。ここで初めて人生の上で忘れられない
人となった名前も覚えてないが助産婦の彼女に初めてとても感謝している。
あなたは素晴らしかったとやっとわたしは伝えられたのだった。
すると、賢く固い感じの彼女だったのだが、ここで素の彼女をわたしは、見たのだった!
それまで、気を張っていたのでしょう、、なんとクールだった彼女大粒の涙を流してくれちゃったのだった。
実習生のおばさんも。。。
そのあと、この日の朝担当の助産婦さんが来て、
「あなたね。今2人の助産婦が泣いてたわ”そこの廊下で。でもあれは幸せなハッピーな涙ね!良いと思うわ
あなたの、仕業だとわたしはおもったわ”」って言われた。何だか嬉しかった。私達の気持ちは同じだったのだ
わたしが、思うに彼女クールだし普段は泣かないのだと思った。なので朝の担当の助産婦さんがびっくりしたのでしょうね。きっと。。。あ~最後のこの瞬間は最高だった

次のビックリは私はこの日1泊し次の日の夕方退院しました。なので入院1泊2日でした!
自宅に帰ってからーー痛みで、、色々と大変でした。
最近では、糸の中に麻酔が入っているんですねー医学の進歩すごいわー
私事~~~な出来事でした~~~やっとこさ身体が傷口が治ってきたので久々に更新です
3,424gと大きな赤ちゃんでした。明日で2wですが、、新米mama papaでハラハラドキドキです。
[PR]
by chao_kiki_veggie | 2010-07-14 05:52 | 私事